昨今、日本の仮想通貨市場は急速に拡大をしています。2018年は良い意味でも悪い意味でも、仮想通貨がテレビで頻繁に取り上げられた年でした。現在ビットコインやイーサリアムは非常に高額であり、アルトコイン呼ばれる仮想通貨にも注目が集まるようになりました。

 

今回の記事では、ハードウォレットのLedgerNanoS(レジャーナノS)がリップルコインにとって一番おすすめである理由を、仮想通貨の専門家の視点から、わかりやすく説明していきます。

 

これから仮想通を始めようという方も、すでに始めてはいるけれど仮想通貨のより良い管理方法を探しているという人も、どちらにも有益な情報が満載です。3分ほどで読み終わりますし、あなたの仮想通貨の仮方法が劇的に良くなる可能性があるので、ぜひ一度読んでみてくださいね。

 

まずはリップルという仮想通貨についての説明からです。

リップルはどのような仮想通貨か?

リップルとは、リップル社により開発された仮想通貨、または管理、運用をするプラットフォーム全体を指します。仮想通貨市場においてはビットコインとイーサリアムに次いで世界第3位の規模です。

 

仮想通貨は、大きく「ビットコイン」と「アルトコイン」に分けられます。ビットコインという1つの銘柄に対し、アルトコイン、ビットコイン以外の全ての仮想通貨の総称のことです。アルトコインは全部で1700種類とも言われており。この中で有名な銘柄がリップルです。

仮想通貨の管理でハードウエアが選ばれる理由

仮想通貨を管理する上で一番気をつけなければならないことは、ハッキングの被害です。何も知らないままお金を取引所(オンライン上)に置いておくと、ハッカー集団にパスワードを持っていかれ、資産が全部なくなっているということにもなりかねません。事実として2018年、仮想通貨の取引所の「コインチェック」と「Zaif」の2つの取引所で仮想通貨流出事件が起きました。オンライン上でのセキュリティが不完全である、という印象を世の中に与えるには十分すぎるほど衝撃的なニュースでした。

 

ハードウェアウォレット1番の魅力は、何といってもセキュリティーの高さです。ちょうどUSBメモリと同じ機能と考えてもらえれば分かりやすいかと思います。USB単体で持ち運んでいるときは、ネットに繋がっていないので、中にある資料が誰かに盗まれるといったことはありませんよね。同じようにLedgerNanoSを持っている限り、その中のコインが誰かに盗まれるといったことは起こりません。仮想通貨は実体のないものである以、上ハードウェアウォレットという形で手元に置くことができる安心感も大切です。

 

ハードウエアの中でもLedgerNanoSがおすすめな理由

また自分で送金の速度も設定できるので、急いで送る必要のある場合は早めたり、逆に余裕があるときは遅くしたりといった調整も可能です。

LedgerNanoSで仮想通貨を管理することの一番のメリットは、仮想通貨の管理をオフラインでできるということです。先ほども述べましたが、インターネットとLedgerNanoSの接続を解除しておけば、お金の授受は一切できませんので、セキュリティとしては最高レベルです。

 

LedgerNanoSを使用することで取引所を仲介することなく、お金の授受を簡単に行うことができます。

また万が一機械が故障したり、LedgerNanoSを紛失してしまった場合であってもリカバリーをフレーズを使うことによって、別のLedgerNanoSに移動し、設定をすることができます。

 

LedgerNanoSの初期設定は非常にシンプルです。初めに PC に接続して4桁~8桁の暗証番号を設定します。その後、盗難や紛失の際に必要な24種類のフレーズが表示されるので、1つずつ紙に書いて保存します。(このリカバリーフレーズを誰かに見られてしまうとあなたの資産を全て失ってしまうことになるので、絶対に人には見せないでください。) その後LedgerNanoSを管理するアプリケーションをパソコンにダウンロードします。これで仮想通貨を管理するための作業は全て終了です 。

 

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨は受け取りや送信が非常に簡潔である一方セキュリティ面の不安もあります。そしてそのリスクを取り除くために生まれたのが、ハードウェアウォレットであり、今回ご紹介したLedgerNanoSです。LedgerNanoS はリップル以外にもビットコインやイーサリアム、その他多数のコインにも対応をしています。近年、仮想通貨の盗難事例はあとを絶ちません。ご自身の大切な資産を守るためには、セキュリティまわりを他人任せにするということではなく、ご自身でしっかりとした管理と予防策が大切となります。リップルやその他の仮想通貨お持ちの方は、これを機にLedgerNanoSの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

【公式】Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン