仮想通貨で人生大逆転という当時の社会の風潮に踊らされて、なけなしのお金であった46万8000円を全てコインチェックに入金しました。仮想通貨を知ったのが2017年の年末ですので、一番レートが高かったころだと思います。ビットコインの存在は知っていたので、他の通貨を買った方がいいだろうという心境もあり、全てをネムに換えました。それがまさか盗まれてしまうとは思いもよらなかったので自分でも甘かったなと思っています。当時の自分は仮想通貨や取引所に関する知識もほとんどなく、ネットの情報を鵜呑みにしていたので、取引所から盗まれるとは思いもよらず、自分の資産がなくなったと聞いたときは非常に悔しかったです。詐欺にあったとさえ思いました。コインチェックの事件当時はニュースで社長のことを見るのも嫌なくらい最悪な気分だったことを覚えています。結果的に88円で保証されたことはよかったのだとは思いますが、やはり、今でも当時のいやな気持ちは残っています。

LedgerNanoSとTREZOR(新型、旧型)はどれがお勧め?ユーザーのタイプに応じた選び方