画像引用(https://www.amazon.co.jp/dp/B07CQFHS2J/)

仮想通貨リップルを安全に保管したいならハードウェアウォレットLedger Nano Sがおすすめ

仮想通貨に触れていると、リップルという仮想通貨は一度は聞いたことがありますよね。リップルは人気の仮想通貨の1つであり、保有しているユーザーも多くいます。
Ledger Nano Sは、リップルを安全に保管することが可能です。リップルを保管できるハードウェアウォレットはまだ多くありません。
この記事ではLedger Nano S でのリップルの保管方法と、Ledger Nano Sが何故おすすめなのかという理由を解説します。リップルを手軽かつ安全に保管したいという方はぜひ一読ください。

リップルを保管するウォレットはLedger Nano Sが一番安全!

リップルを安全に保管するにはハードウェアウォレットLedger Nano Sが一番おすすめ。 なぜなら、Ledger Nano SのセキュリティはWebやアプリのウォレットよりも安全だからです。

Ledger Nano SはUSBのような外部デバイスのようなもので、中には仮想通貨を送金するのに必要な暗号化された秘密鍵が保管されています。
Ledger Nano Sは外部デバイスなので、ネットから取り外せばオフライン状態になりますよね。Webやアプリなどのウォレットは、常にオンライン上で不正アクセスの危険にさらされています。そのため、ハードウェアウォレットのLedger Nano SはWebやアプリのウォレットより格段にセキュリティ性が高いのです。

そして、Ledger Nano Sは対応する仮想通貨の種類が多く、リップルにも対応しています。リップルに対応しているハードウェアウォレットは多くありません。その中でLedger Nano Sは一番ポピュラーで導入しやすいです。

Ledger Nano Sでリップルを送金する方法

ここではLedger Nano Sでリップルを送金する方法を簡単にご説明します。

・「LedgerLive」をインストール

Ledger Nano Sで仮想通貨を保管するには使用するPCとLedger Nano Sにアプリをインストール必要があります。
少し前まではPCとLedger Nano Sに別々の専用アプリをインストールする必要があったのですが、現在では「LedgerLive」というアプリに機能が統合されました。
「LedgerLive」は、LedgerL社の公式ページからダウンロードすることができます。日本の正規販売代理店からもリンクがありますので、お好きな方からダウンロード可能です。

・「LedgerLive」でLedger Nano Sに通貨アプリをインストール

LedgerLiveをインストールしたら、LedgerLiveでLedger Nano Sに対応する通貨アプリをインストールしましょう。ここでリップルのアプリをインストールしましょう。
対応通貨アプリはLedgerLiveでインストールすることができます。
LedgerLiveのメニューから「Manager」という項目か、ポートフォリオ画面の「Open Manager」から通貨アプリのインストール画面へアクセス。そこから、保管したい仮想通貨、リップルのアプリをLedger Nano Sにインストールしましょう。

・通貨アカウントの追加

リップルを送金するためには、通貨アカウントの追加を行わなければなりません。通貨アカウントは、事前に通貨アプリをLedger Nano Sにインストールする必要があります。
項目のアカウントから追加を選び、リップルの通貨アカウントを追加します。後は、Ledger Nano S側で接続を承認してアカウントの追加は完了です。

以上の操作が終了したら、リップルの送受金の準備は完了。LedgerLiveの項目から操作できます。このようにLedger Nano Sは、リップルを安全且つ手軽に送受金することが可能なのです。

リップル送金時におけるエラーの原因

リップルをLedger Nano Sから送金する時にエラーが起こる場合があります。
ここでは、エラーが起こった時の原因をいいくつかご紹介しますね。

・ファームウェアアップデート

ファームウェアは常に最新のものにしておく必要があります。Ledger Nano Sはセキュリティ上の問題からファームウェアのアップデートを行わなければなりません。
もし、ファームウェアが新しいものでなければ、リップルの送金時にエラーとなってしまいます。もしリップル送信時にエラーが起こったら、ファームウェアは新しいものであるか確認をしましょう。

・リップル送金には最低でも20XRPが必要

リップルで20XRP以下の送金はできません。なぜなら20XRPは、ウォレットをアクティベートするために必要だからです。
アクティベートとはアドレスを有効化されるようなものであり、アドレスの有効化の手数料として20XRPが必要になります。そのため、リップルウォレットには常に、手数料込みで20XRPはリップルを保有しとかなければなりません。
そのため、20XPRP以下のリップルはエラーとなり、送信することができません。
これはリップル特有のシステムなので、しっかりとチェックして送金しましょう。

上記以外でも様々な原因がありますが、Ledger Nano Sは日本語でのサポートを日本の販売代理店から受けることができます。何か問題があったら、すぐに日本の販売代理店に問い合わせましょう。

まとめ

リップルを安全に保管できるハードウェアウォレットは多くはありません。
Ledger Nano Sでリップルを保管、運用することは注意しなければならないことも多いですが、安全にリップルを保管することができます。
Ledger Nano Sはリップルに対応しているだけでなく、強固なセキュリテイとLedger Liveによって非常に使いやすいハードウェアウォレットとなっています。
ぜひ、リップルを安全に保管したい方はLedger Nano Sを試してみてください。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】