画像引用:(https://www.amazon.co.jp/dp/B01J66NF46/)

仮想通貨を保管するのにハードウェアウォレットLedger Nano Sをおすすめする理由

近年、仮想通貨取引所への不正アクセスによる仮想通貨の流出が話題となりました。
そのため、仮想通貨をオフラインで安全に保有することができるハードウォレットの需要が高まっています。
ハードウェアウォレットの中でもLedger Nano Sは非常に高い評価を得て、人気のハードウェアウォレットです。何故Ledger Nano Sは人気なのでしょうか。
この記事では、Ledger Nano Sをが仮想通貨を保管するハードウェアウォレットとしておすすめする理由をご紹介します。

おすすめ理由1:セキュリティ性が非常に高く仮想通貨を管理するのに安全

ハードウェアウォレットLedger Nano Sが人気の理由は、セキュリティの高さにあります。

多くのハードウェアウォレット通ずることですが、Ledger Nano SはUSBのような外部デバイスで秘密鍵をオフラインで保管します。
ウェブやアプリのようなウォレットはオンライン上なので、常に不正アクセスの危険にさらされていますよね。
ハードウェアウォレットは、オフラインで暗号化された秘密鍵が保管されています。インターネット上から切り離されているので、オンライン上の不正アクセスの攻撃にさらされることがありません。

Ledger Nano Sはデバイスそのものにも、起動時のPINコードを設定しなければなりません。このPINコードは、Ledger Nano Sを使用するごとに入力する必要があります。そのためPINコードが流出しない限り、第三者からLedger Nano Sを操作されることは基本的に不可能です。

さらにLedger Nano Sには、「リカバリー」という機能があります。「リカバリー」とは初期に設定するリカバリー用のパスワードを使用することで、Ledger Nano Sのデータを復元することのできる機能です。
「リカバリー」はもしLedger Nano S本体を紛失してしまった時などに役立ちます。もしLedger Nano Sを紛失した場合などに、リカバリーで新しいLedger Nano Sでデータを復元することが可能です。

上記のように、Ledger Nano Sは2重3重にセキュリティが施されています。この強固なセキュリティが、Ledger Nano Sをおすすめする理由の1つです。

おすすめ理由2:対応している仮想通貨とトークンの豊富さ

Ledger Nano Sをおすすめする理由の1つに、対応する仮想通貨とトークンの種類の豊富さがあります。

他のハードウェアウォレットで人気の「Trezor(トレザー)」は14種類の仮想通貨に対応しています。しかし、「Ledger Nano S」は現在で27種類の仮想通貨に対応。その差は10種類以上です。

「Ledger Nano S」はハードウェアウォレットの中でも、トップクラスの数の仮想通貨に対応しています。
トークンに関しては「MyEtherWallet」と連携して、「Ledger Nano S」に保管することが可能です。つまり、MyEtherWalletに対応しているトークンはすべてLedger Nano Sで保管することができます。

上記のように対応している仮想通貨の種類が非常に多く、MyEtherWalletと連携して豊富な種類のトークンも管理できるのがLedger Nano Sなのです。

おすすめ理由3:日本の正規代理店による日本語サポートが手厚い

Ledger Nano Sはフランスにある製作元のLegder社から発表されました。
日本にはLegder社から紹介されている、正規の販売代理店があります。

日本の正規代理店でLedger Nano Sを購入すると、日本語のサポートを受けることが可能です。実際にLedger Nano Sを使用している時、何か問題があったら日本語での対応で電話やチャットで問い合わせることができます。これなら故障したり、気になったりしたことがあるなら安心して問い合わせられますね。

また、日本語でLedger Nano Sの取扱の説明が公式ページにあります。日本の正規代理店がないハードウォレットはインターネット上で使い方を調べなければなりません。
しかし、取扱の説明が公式ページにあるのなら、迷うことなくLedger Nano Sを使うことができます。

以上のことからLedger Nano Sは日本語でのサポートが充実しており、日本人にとって導入しやすいものとなっています。

おすすめ理由4:アプリのアップデートで常に変化する<400字>

Ledger Nano SはLedger デバイス専用アプリをすることでアップデートしていくことができます。

例えば、Ledger Nano Sはビットコインやイーサリアムの各アルトコインのウォレットとアプリとLedgerデバイスへのマネジメントアプリの両方をインストールする必要がありました。しかし、現在では2つのアプリは統合され、「LedgerLive」という1つのアプリとなったのです。

また、現在ではLedger Nano Sの対応通貨は20種類以上あります。ですが、その中には過去にアップデートで新しく対応するようになった通貨もあるのです。そのため、今後のアップデートでも対応する通貨が増えていく可能性は十分にあるでしょう。

このようにLedger Nano Sは常に進歩していて、時代に合わせた最新のハードウェアウォレットとして使用することができます。

<まとめ>

Ledger Nano Sは対応する通貨の種類が多いだけでなく、日本語のサポートもついています。そのため、初めての方でも購入しやすく、扱いやすいというのがLedger Nano Sをおすすめする大きな理由です。
さらに、今後のアップデートでLedger Nano Sはさらに使いやすく、高機能になる可能性も十分に考えられます。
このように初めての方でも導入しやすく、今後のアップデートにも期待できるLedger Nano S。ぜひ仮想通貨を安全に保有するために導入してみてはいかがでしょうか。
Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】