画像引用(https://hardwarewallet-japan.com/product/ledger-nano-s/)

 

ハードウェアウォレットLedger Nano Sを購入する時の注意点

 

ハードウェアウォレットの「Ledger Nano S」は仮想通貨を安全に保管するには非常におすすめです。しかし、Ledger Nano Sを購入する時には注意すべきがあります。

もし注意を怠ると、Ledger Nano Sを有効に使用することができないどころか、保有している仮想通貨を失ってしまう可能性もあるでしょう。それは絶対に避けたいところです。

そこで、この記事ではLedger Nano Sを購入する時の注意点について解説します。

 

Ledger Nano Sを購入する時の注意点

 

①必ず新品で購入すること

 

仮想通貨ハードウェアウォレットLedger Nano Sは必ず新品で購入しましょう。なぜなら中古品のLedger Nano Sは第三者により手を加えられている可能性があるからです。

 

中古品のLedger Nano Sは、悪意のある第三者に不正なウイルスなどを仕組ん可能性があります。このような中古品のLedger Nano Sを使用すると、最悪の場合、保有している仮想通貨が全額失うことがあるのです。

 

中古品のハードウェアウォレットはセキュリティ面の信頼性が著しく低いです。大切な仮想通貨の資産を安全に保管するには、必ず新品のLedger Nano Sを購入しましょう。

念のため、購入後も梱包はきちんとされているか。付属品はすべて揃っているかなどの確認もしておくべきです。

 

ちなみに現在仮想通貨の流出事件が相次ぎ、ハードウェアウォレットの需要が高まっています。そのため、新品のハードウェアウォレットは品薄の状態が続いているのです。

ここで焦って中古品で購入しないようにしましょう。中古品を利用して不正アクセスにあって、仮想通貨を紛失したら元も子もありません。そのため、必ず新品でLedger Nano Sを購入するようにしましょう。

 

②正規の店舗で購入すること

 

仮想通貨ハードウェアウォレットLedger Nano Sを購入する場所は必ず正規の店舗で購入しましょう。フリマアプリやオークション、Amazonで購入するのはセキュリティ面の問題から推奨できません。

 

フリマアプリはオークションは実際の店舗ではなく個人で販売しています。そのため、中古品である可能性が高いです。前項で記述したように、中古品は不正ウイルスが仕掛けられている可能性があるので、購入は控えましょう。

 

Ledger Nano Sの正規の店舗での購入方法は大きく分けて2通りあります。

 

1.製作元であるLedger社の公式サイトで購入する

2.日本の正規販売代理店で購入する

 

1のLedger社公式サイトは日本語ではなく、英語表記のサイトです。英語が不便に感じる人にはおすすめできませんが、Ledger Nano Sの正規販売元ですので、確実な品質が保証されています。

 

2は、日本正規代理店でLedger Nano Sの新品を購入することができます。

日本正規代理店というのは、Legder社の公式サイトで紹介されている正規の代理店です。正規の代理店は株式会社Earth Shipと株式会社ブレイブブライトの2つがあります。

 

上記の2社は、Legder社が公式で紹介しているので信頼性も品質も保証されています。日本の正規代理店ですので、直接Legder社の公式サイトで購入するよりも簡単に購入することが利点です。また、日本語の説明書やアフターサービスもついているので、日本人にとってはとても扱いやすいものになっています。

 

③自分が保管したい仮想通貨が対応しているか確認する

 

当たり前のことですが、自分が保管したい仮想通貨がLedger Nano Sに対応しているかを、購入する前に必ず確認しましょう。購入した後に保管しようと思った仮想通貨がLedger Nano Sに対応していなければ仮想通貨を安全に保管することはできません。

 

Ledger Nano Sは対応している仮想通貨の種類は多いですが、すべての仮想通貨に対応しているわけではありません。

 

例えばLedger Nano Sは、日本でも人気のあるモナコインやNEMはLedger Nano Sには非対応となっているのです。

各ハードウェアウォレットによって対応している仮想通貨は大きく違います。そのため、自分の保有している仮想通貨が購入するハードウェアウォレットに対応しているかどうか、事前に確認することが必要不可欠です。

 

このように人気のあるコインでも、購入するハードウェアウォレットによっては非対応となっていることがあります。

Ledger Nano Sは対応する仮想通貨が多いですが、やはり事前に必ずチェックしましょう。アップデートで対応する通貨が増えている場合もあります。そのため、自分が保管したい仮想通貨やトークンがLedger Nano Sに対応しているかどうかは、必ず購入前に公式サイトで確認するべきです。

 

まとめ

 

ハードウェアウォレットは一番安全な仮想通貨の保管方法ですが、注意を怠ると保有している仮想通貨をすべて失ってしまう可能性があります。せっかく高価なハードウェアウォテットを購入したのに、そのようなことになってしまったら悲惨ですよね。

仮想通貨を失わないようにするためにも、安全にLedger Nano Sを購入し活用する際には、購入前にしっかりと注意点を洗い出して確認しておきましょう。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】